2015年10月29日 (木)

川越まつり 2015

E2015_101813

E2015_101802

E2015_101814_3

E2015_101815

E2015_101804_2



一日目には雨を心配していましたが、二日目にはその心配もなく、多くの方が祭り見物に訪れました。

川越の歳時記の頁も年末を迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

浅草*羽子板市

02014_1217_0001

浅草歳の市というべきかもしれない。

店先の羽子板を眺めに、多くの方々が入れ替わり立ち替わり店先にたむろする。

その中で、景気のいい三三七拍子がそこかしこから聞こえる。

近くの客も、思わず合わせて拍子をとる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

川越まつり 2014 その2

02014_10180034

02014_10180038

2014年の川越まつりは、終了しました。
本年は天候に恵まれ、見物客も例年にも増して多かったのではないかと思います。
その中を、山車を運行された町会の方々も大変そうでした。

見物に来られて、「曳っかわせ」と、その周囲で発生する身動きが取れないほどの混雑と多少の混乱は、
初めての経験をされるといささか驚きかもしれませんが、その手が届くような距離感、その場の一体感が最大の魅力であり、
川越まつりの華といえます。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

川越まつり 2014

02011_10150033

さあ、川越まつりはもうすぐです。天候に恵まれますますように。

今年も、お囃子のリズムに身を任せ、夜のまつり見物に出掛けるつもりです。

今年は10月18日(土)、19日(日)の両日の予定です。

お出かけ頂く際には、「川越まつり公式サイト」をご参照下さい。

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月13日 (金)

秩父夜祭 2013

_2013_12_02_11_2

日が暮れてから西武秩父駅に降り立つ。

同じ埼玉県なのだとは思うのだが、さながら旅の目的地のような雰囲気が漂う。

最初に訪れた年は凍えるような寒さで、秩父の冬を感じることができたが、ことしはどうも様子が異なる。



毎度、ストロボを回避した撮影を指向するので、夜景に浮かぶ動く被写体にもてあそばれる。

明るいレンズを抱えて駆けつければよいのは理解しているのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

草津*夏の旅へ

2013_0802__48_2

夏の旅に出た。
家人を伴って、退院後の快気祝いという名目である。
青空に、白く筋を引いたような雲が、最高の土産となった。

リサーチに引っかからなかったのが不思議だが、偶然、草津温泉感謝祭に賑わう草津を訪れることになった。
湯畑あたりは、昼の賑わいに引き続いて、夜まで大変な人出であった。
ともかく、賑やかなのはいい。
安らぎを求めて温泉に集まった人々の表情は、どこか柔らかく見える。

思い思いの宿で、両肩に背負った疲労の何割かを降ろし、身軽になって草津を後にする。

今年は、当家もその仲間に加わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

川越まつり2012 その3

2012_1021_11e


一番街を、仲町交差点に向かう。

曳っかわせはこれから。
人々は、この先見せる姿を想像しながら、山車の後ろ姿を追う。
澄み切った夜空には、月と、何故か走り回る飛行船の不思議な絵柄が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越まつり2012 その2

2012_1020_06e


本年の川越まつりも終わりました。
川越の季節のページが一枚めくられます。

仲町交差点から、一番街を望む。
今年は、例年にない多くの人出があり、賑わっていました。
通りを埋め尽くす人々の期待が高まるのが、伝わって来るようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

川越まつり2012

20081019matsuri065

2008年の作品です。

曳っかわせの熱気にみなぎる路地も祭りの顔ですが、街のそこかしこから聞こえるお囃子のリズムを感じながら、
秋の夜の空気に満たされた、川越の街を歩き回るのも、またよし。

10月になり、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたが、同時に、川越まつりも目前となります。

今年は、20日21日に予定されています。

川越市市政施行90周年記念と銘打たれて、盛り上がりそうですが、詳細は、川越まつりの公式HPを御確認の上、お出掛け下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

浅草*四万六千日

2012_0709__12e

今週は、浅草寺の四万六千日。

ほおずき市と相俟って、それぞれのご縁日のために人々が集う。

大型の一眼レフを持ったセミプロに混じり、やや控えめに構図を切り取るのだが、店員さんの表情を狙うよりも、ほおずきや釣忍の表情ばかり狙うもので、ストーリーの展開に欠けるのが悩みといえる。

今年の風情でやや目を引いたのは、夕方から点る裸電球が、LED電球になっていたこと。
いろいろ評価は分かれるところだが、夜景の風情は大きく変わった。

夜景に軸足があっただけに、正直、残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)