« 越生*越生梅林をめぐる里山ハイキング | トップページ | 岩手県宮古市*三陸鉄道北リアス線走る »

2011年6月 1日 (水)

新宿区若松町*耐震構造の父の息遣い

2011_05210032e

建築構造学において、耐震構造の父とされた内藤多仲博士の旧宅(現、早稲田大学内藤多仲博士記念館)を訪ねる。
早稲田のオープンカレッジの講座で、見学となった。(建築家たちの近代Ⅲ)
それは、新宿区若松町の住宅街の奥に息を潜めている。
建物そのものは、建築家としてのこだわりは所々に感じさせるものの、私邸として誠に質素なもの。
2階の書斎が、博士の執務室としての息遣いを留めている。
写真は、1階奥のリビングにあった窓際のカウチだけれど、2階の書斎に次いで、居心地が良さそうで、妙に心引かれた。

|

« 越生*越生梅林をめぐる里山ハイキング | トップページ | 岩手県宮古市*三陸鉄道北リアス線走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190925/40221535

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿区若松町*耐震構造の父の息遣い:

« 越生*越生梅林をめぐる里山ハイキング | トップページ | 岩手県宮古市*三陸鉄道北リアス線走る »