« 西神田*生活の息遣い | トップページ | 東京点描*東京駅の灯 »

2007年11月12日 (月)

両国*差し込む日差しは

20071111__0091000

両国あたり。
ご迷惑をお掛けしないよう、ロケーションの詳細は差し控えます...(¨;)
以前から、両国にある東京都復興記念館(横網町)を訪れるつもりでいたのですが、本日、電車を乗り継ぎ両国へ。

近辺を歩き回りましたが、その存在が放つ昭和初期の薫りに引き込まれるように、あるビルの内部を拝見しました。
間違いなく昭和初期、若しくはそれ以前でしょうね。

踊り場のモザイク、アールデコ風のステンドグラス。
ステンドグラスはオリジナルだろうか。
階段の木製の手摺りは、どうも後日改修されたもののように見えます。
手摺りの親柱、小柱と廻りの意匠のバランスがどうも悪い。
おまけに根元の接合部分には多数の補修痕が並んでいます。
そして、想像の結末は、金属製の小柱が支えるカーブを描く手摺りがあったのではないかと。

今日は、ここまでということで...。



.

|

« 西神田*生活の息遣い | トップページ | 東京点描*東京駅の灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190925/8874603

この記事へのトラックバック一覧です: 両国*差し込む日差しは:

« 西神田*生活の息遣い | トップページ | 東京点描*東京駅の灯 »