« 真鶴*夏の終わりに | トップページ | 湯河原*温泉の路地裏にて その2 »

2007年9月 8日 (土)

湯河原*温泉の路地裏にて

20070825__016700
(少しぶれていますが、ご容赦下さい...(^^ゞ)

少し、間が開きましたが前作の続きで、真鶴から湯河原へ。

宿に泊まった朝は、やはり散歩がお決まりです。
湯河原は千歳川沿いに奥湯河原まで温泉地が続いていますが、源泉の湯気が漂う中、
人気のない朝の温泉街の風情も旅の思い出に。

温泉街から建築探訪レポートですが、
古い木造建築の旅館を見つけて、細い路地に沿って奥へと階段を上ったところに、
忽然とそびえる湿気を帯びたコンクリート塀を見つけてしまいました。(↑)
視線を遮るというよりも、進入を絶対に拒絶するような高さと、アールが施された塀の端部を見ても、
これはただ者ではないと思わせます。

千歳川沿いの旅館街のはずれに同じ様なデザインのコンクリート塀が続く邸宅があり、どうも和洋館を擁した邸宅の敷地のようでした。
それはかつての旧財閥の湯河原別邸であったところ...らしい(^^ゞ

|

« 真鶴*夏の終わりに | トップページ | 湯河原*温泉の路地裏にて その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190925/7848033

この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原*温泉の路地裏にて:

« 真鶴*夏の終わりに | トップページ | 湯河原*温泉の路地裏にて その2 »