« 路地の風景*上野高校下の煉瓦倉庫 | トップページ | 路地の風景*入谷・朝顔市の季節に »

2007年7月 6日 (金)

路地の風景*川越・富士見櫓の息遣い

20060903121000_1

川越の街中に、川越城の一部が保存、公開されています。
そこから、歩いて数分のところに川越城富士見櫓の遺構が整備されているのですが(櫓自体は現存しません)、
こちらにはあまり足を運ぶ方もないようです。

新緑の季節には、富士見櫓の土塁はこのクスノキの豊かな枝振り覆われて、外から見ても街中の特別な空間となります。

樹齢は推し量り難いのですが、川越城は1457年、太田道真、道灌親子の築城が端緒とされていますので、
その後の富士見櫓からの風景の移り変わりとともに、現代にまでその歴史を繋いで来たのではないでしょうか。

|

« 路地の風景*上野高校下の煉瓦倉庫 | トップページ | 路地の風景*入谷・朝顔市の季節に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路地の風景*川越・富士見櫓の息遣い:

« 路地の風景*上野高校下の煉瓦倉庫 | トップページ | 路地の風景*入谷・朝顔市の季節に »